『八戸藩遠山家日記』第10巻 刊行のお知らせ

この度、「八戸の歴史双書」シリーズの最新刊として『八戸藩遠山家日記』第10巻を刊行しました。
第10巻は、明治5年(1872)から明治40年(1907)までの日記16冊からなります。
明治となり武士から士族となった遠山家の当主で、八戸町長となる景三が、暦の変更、改名禁止、秩禄処分など、八戸の明治の様子を書き綴っており、明治を生きる士族の実情を知ることができます。その他、明治39年(1906)の子供の冬休み日記なども収録しています。

  • 定価 2,620円(税込)
  • 市立図書館2階カウンターや八戸ブックセンター、市内書店などでお買い求めいただけます。

遠山家日記とは

遠山家日記は、江戸時代から大正時代までの127年間に渡って、八戸藩の上級藩士・遠山家の歴代当主によって書き継がれてきたものです。
内容は、江戸時代の武士個人の生活記録としての意義にとどまらず、八戸藩の政治の動きや、江戸時代の社会・経済の動きを知ることができる、貴重な資料です。平成28年8月には県重宝(歴史資料)に指定されています。

「八戸の歴史双書」シリーズについては、こちらをご覧ください。
カテゴリー: トピック